英語 勉強法

もはや必須。英語のリスニングの勉強法と対策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リスニングに苦手意識を持つ受験生は多い。理由は簡単で、リスニングの指導を実施している学校が少ないからだ。

実は、一昔前までは、私立文系大学志望であれば、リスニングの重要性は低く、特別な対策をする必要がなかった。一部の大学・学部を除き、一般入試ではリスニングが課されることが無かったからだ。そのため、センター利用の予定がない受験生にとっては、対策の必要がない科目だったのだ。

しかし、昨今では、英語外部試験利用入試(英検など民間の英語試験を利用する入試)を採用する大学・学部が増え、リスニングの対策の重要性が増している。今後、センター試験廃止に伴い、大学入学共通テストが開始される予定だが、それらを入学試験に導入する大学・学部も多い。そうすれば、今後ますます、リスニングの重要性が増していくことが予想される。

そこで、ここではリスニングの勉強法、対策方法についてご紹介する。

リスニングと、読解(リーディング)の違い。

リスニングの勉強法に入る前に、まず、リスニングの勉強とは「何を目的とした勉強なのか」を理解しておこう。
そのためには、リーディングとリスニングの違いについて知る必要がある。

リーディングは、読むこと。つまり、視覚で英文を把握する。
対して、リスニングは、聞くこと。聴覚で、英文を把握する必要がある。

英文解釈、日本語訳の過程
【リスニング】耳で聞く(英文把握)➡︎意味を理解(英文解釈)
【リーディング】目で読む(英文把握)➡︎意味を理解(英文解釈)

当たり前のことだが、両者の違いは、情報の受け取り方にある、ということがわかる。

つまり、リーディングでは必要がなくて、リスニングでのみ必要なことは「聴覚で英文を把握する」という作業だ。

それ以外の必要な能力については、リーディングと同様、ということだ。

「英文は聞き取れているが、意味がわからない」という方は、リスニングではなく、英文読解の知識に問題がある。その状態では、リーディングすらまともにできないはずである。英文解釈の学習と、英単語の暗記に取り組もう。

リスニングができない原因は2つ。

上記の内容から、リスニングができない原因を2つに分けることができる。

① 聞き取りができていないこと。
② 英文読解の知識がないこと。

①の場合は、何度も英語を聞き、耳を慣れさせることで、聴覚による英文把握をマスターする他ない。(具体的な方法は後述)

②の場合は、リスニング以前の問題で、まず先にリーディングの勉強を行う必要がある。そもそも読解の知識が足りていない、ということだ。英文読解(リーディング)の上達には、英単語暗記と、英文解釈の学習が不可欠だ。

英単語の暗記については、「英単語の覚え方!短期間で早慶合格するために実践した英単語暗記法」、英文解釈の学習については「大学受験の英語長文がすらすら読める英文解釈の勉強法」で説明しているので、まだ読んでいない人はぜひ参考にしてほしい。

聞き取りの練習方法(リスニングの勉強法)

では、①の「聞き取り」ができていないことが原因で、リスニングができないという方を対象に、具体的な対策方法をご紹介する。

聞き取りの練習には、「シャドーイング」という方法を推奨する。

ご存知の方も多いかもしれないが、シャドーイングとは、英語の音声を聞き、聞こえた通りに、それを発声することだ。つまり、マネをするということだ。マネができるということは、「英文を正しく聞き取れている」ということを意味する。

繰り返しシャドーイングを行うことで、「英語音声に耳を慣れさせること」と、「どの部分が聞き取れていないのか(聞き取れない理由は何か)を把握すること」ができる。

聞き取れない理由が把握できれば、その部分について対策し、インプットしていけば良い。(聞き取れない音のパターンを消していく。)

しかし、漠然とシャドーイングに取り組んでいては、時間がかかってしまうので、NEOREC先進塾では以下の方法をお勧めしている

①スクリプトを読む。(この際に、正確に意味が取れるのかを確認する。)
②スクリプトを見ながら音声を聞き、目で追う。(聞き取れない箇所は下線を引く)
③下線箇所の音声を聞き、なぜ聞き取れないのかを探る。
④スクリプトを見ずに音声を聞き、シャドーイングをする。


①スクリプトを読む。(この際に、正確に意味が取れるのかを確認する。)

先に説明したように、リスニングができない理由は二つあり、もし、読解の知識不足が原因なのであれば、いくらシャドーイングをしてもリスニングは上達しない。ここでは、スクリプトを読み、知識的には読解ができるということを確認しよう。もし、読めないのであれば、日本語訳を確認し、読めるようにしておくこと。


②スクリプトを見ながら音声を聞き、目で追う。

この際、目で追っても聞き取れなかった箇所や、よく分からなかった箇所は、下線を引こう。


③下線箇所の音声を聞き、なぜ聞き取れないのかを探る。

聞き取れない原因は幾つかある。例えば、音が繋がっている場合や、音が発声されない場合など。原因を探り、自分の中の聞き取れないパターンを消していこう。


④スクリプトを見ずに、音声を聞き、シャドーイングをする。

ここまでくれば、リスニングができない諸々の原因をクリアし、純粋に「聞き取り」の練習ができるようになっているはずだ。きちんと聞き取り、その通りに発音できるように何度も繰り返そう。

シャドーイングに用いるおすすめの参考書

基礎 英文解釈の技術100(桐原書店)」がオススメだ。

英文解釈の学習用の参考書ではあるが、CDが付属されている。リスニングの対策と同時に、英文解釈の学習を兼ねることができるので、効率が良い。

なお、ここでの目的はあくまで、「聞き取り」の練習をすることなので、使用する教材は、何でも良い

まとめ

リスニング上達のために必要な知識は

  • 基礎知識(単語・英文解釈)
  • 英語の発音のクセやルールに関する知識

できるようになるべきことは、

  • 聞き取り(英語音声に耳を慣れさせる)

そのために

  • シャドーイングをする。

これで、リスニングが上達する。

なお、先にも述べたように、リーディングができなければ、リスニングはできない。リーディングができていないのなら、「単語(熟語)・英文解釈」の基礎知識を完璧にしよう。

「リーディングはできるが、リスニングが苦手」という方は、今回ご紹介した対策で、必ずリスニングができるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

志望校に”確実に”合格したいなら

順調に受験勉強は進んでいますか?合格までの計画をしっかり建てていますか?

もし、あなたが受験本番までに「やらなくてはならない事」が明確ではなく、やみくもに勉強している状態なら、ぜひNEOREC先進塾にご相談下さい。

✔︎ 各生徒に合わせた学習計画の作成

✔︎ 計画通りに進められなかった場合のスケジュール調整

✔︎ 専属講師による徹底した学習管理とアドバイス

により、受験合格のために必要なことを効率的に正しい方法でやりきる環境を提供し、

あなたを"確実"に合格に導きます。

 

努力を無駄にしたくない。やれば確実に合格できるのであれば、自分は頑張れる。

という方は、ぜひお問い合わせください。

まずは無料面談から始めましょう。

 

詳細はこちら