受験相談 | コラム

夜更かししても大丈夫。受験勉強さえしてれば夜型でも結果は出せる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

受験には、ジンクス、といったものがたくさん存在します。

夜型はダメ、朝は早く起きなきゃいけない。というのも、その一つです。

試験時刻に合わせて生活リズムを作って置かないと、試験本番に脳が覚醒せず、思うように力が発揮できない。といった理屈ですが…

結論からいうと、全く関係ありません。

毎日深夜3時に寝て15時に起きるような子でも、浪人生で生活リズムが安定せず、いつも起きる時間も寝る時間も睡眠時間すらもバラバラなんて子でも、難なく合格してきたような例をこれまでいくつも見てきました。

受験なんてやるべき事をやっていれば良いのです。

どれだけ体調が悪かろうが、どれだけ本調子でなかろうが、「できる事」はやはり「できる」し、「わかってる事」はやはり「解けます」。

眠たくももないのに、寝よう寝よう、ともがく時間を、勉強の時間に変えましょう。

「なんだか今日はいつもより起きてられるぞ、今日はこの範囲を終わらせよう!」と張り切って勉強すれば良いのです。

要は、試験本番で問われうる知識を頭の中に入れておけば良いのですから。

やるべき事を試験本番までに終わらせれば良いのです。

変なジンクスや指導に惑わされずに、やるべき事を確実にこなしましょう。

そうすれば必ず結果は付いてきます。

風邪を引いてるのに合格した子も…

神経質にならなくても良い、やるべき事をやっていれば良い、という話の続きですが、こんな例もあります。

試験当日の朝、「先生、熱があります。」と連絡がきた事がありました。

正直、熱がある、と聞いた時には「さすがにこれは…」と不憫に思ってしまった事を覚えています。

その子は、一年間、第一志望合格のために、本当に懸命に努力をしてきた子でした。

その努力を知っている分、なんだか自分でも悔しいような気持ちになってしまいました。(今から思うと、まだ試験も受けてない段階で、失礼極まりないですが)

しかしその子は気持ちの強い子で、「とりあえずやってみるわ。大丈夫だと思う」と言って、試験に望み、結局本当に合格してきたんです。

「常識やジンクスなんて関係ないし、能力を出せるかどうかも気持ち次第なんだなあ」と思わせられた一例でした。

最後に

最近、NEOREC先進塾でもTwitterやインスタグラムといったSNSを初めました。

その中で「学習アドバイザー」と名乗るような方々のつぶやきを拝見する機会があり、「夜型はダメ」という文言を見つけ、そこに共感(触発)されている学生が多いように感じ、今回の記事を投稿しました。

もちろん、そのような方々のおっしゃっている事の中には「なるほど」と感心させられるような事もたくさんあり、楽しく見させていただいている(と言っても、ほとんど宣伝文句に近い事ばかりですが)のですが、「これはちょっと…」と思うような過剰な表現、嘘に近い表現、実現可能性の低いアドバイスなどが存在します。

皆さんは、気持ちを強く持ち、塾や予備校、またはそのような方々の「良いところだけ」を吸収し、自分の力に変えていっていただければ、と思います。

決して誰が作ったかも分からない常識やジンクス、変な煽りに惑わされずに、自分の力を信じて頑張って欲しいです。

最後に一つ、アドバイスをするとすれば、

受験勉強に、

今まで誰も知らなかった(従来のやり方とは全く違う形のオリジナリティ溢れた)ような、

(効果から想定される努力よりも極めて少ない努力で)劇的に成績が上がる

スゴイ(もう色んな意味で)

勉強方法なんて…

存在しません。

コナン君ではありませんが「やるべき事はいつも一つ」です。

知識をインプットして、アウトプットできる状態にしておく。

それだけです。

各科目の詳しい勉強法は「大学受験で結果を出すために必要な勉強とやるべき事の全て」でご紹介しています。

まだ見てない人はぜひ、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

志望校に”確実に”合格したいなら

順調に受験勉強は進んでいますか?合格までの計画をしっかり建てていますか?

もし、あなたが受験本番までに「やらなくてはならない事」が明確ではなく、やみくもに勉強している状態なら、ぜひNEOREC先進塾にご相談下さい。

✔︎ 各生徒に合わせた学習計画の作成

✔︎ 計画通りに進められなかった場合のスケジュール調整

✔︎ 専属講師による徹底した学習管理とアドバイス

により、受験合格のために必要なことを効率的に正しい方法でやりきる環境を提供し、

あなたを"確実"に合格に導きます。

 

努力を無駄にしたくない。やれば確実に合格できるのであれば、自分は頑張れる。

という方は、ぜひお問い合わせください。

まずは無料面談から始めましょう。

 

詳細はこちら