英語 勉強法

英単語の覚え方!短期間で早慶合格するために実践した英単語暗記法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

英単語の暗記は捗っているだろうか。

もし、捗っていないのであれば、暗記方法を見直してみる必要があるかもしれない。

英単語の暗記が進んでいないようであれば、色々な暗記方法を試してみることをお勧めする。

暗記方法を変えるだけで、今まで進まなかった英単語の学習が面白いほど進むようになったという例はたくさんあるからだ。

少し調べれば多くの暗記方法が出てくるし、英単語の覚え方に関する書籍も多数出版されている。

どの方法をとっても間違いではない。結局は暗記できればいいのだから、自分に合っていればそれが正解だ。

この記事では、英単語の覚え方の一例として、実際に私や生徒が実践している英単語暗記法についてご紹介したい。

受験合格に必要な単語量(覚えるべき英単語の範囲)や、英単語学習の進め方、オススメの単語帳については、「どんな大学でも合格できる英単語の勉強手順とおすすめの単語帳」で詳しくご紹介している。まだ読んでいない人は必ず目を通しておこう。

1. 暗記の定義

まずは暗記について定義しておきたい。一口に暗記できた状態と言っても、人によってその覚え具合が違うからだ。

英単語は暗記することが目的ではなく、暗記することによって、英語長文を読めたり、問題を解けるようになることが目的だ。

その基準として、NEOREC先進塾では暗記を次のように定義している。

「英単語を見た”瞬間”に、日本語訳が頭の中に出てくる状態」

これが実践で使える英単語だ。

したがって、英単語の意味を覚えることが暗記ではなく、暗記は「覚えた英単語の日本語訳をいかに早く頭の中で再生できるか」という”反射神経”を鍛える作業だと考えよう。

英単語を暗記する際には、必ずこの状態をゴールとして考えて欲しい。

暗記方法についてはどの方法を使っても大丈夫だが、暗記のゴールだけはブラさないでおこう。これさえブレなければ、どのように勉強に取り組んでも大丈夫だ。

2. 英単語を暗記するのに一番効率が良いのは「繰り返すこと」

実は英単語を覚えるための裏技は存在しない。強いていえば、何度も繰り返すことだ。

英単語の暗記は、「何度も繰り返すこと」が一番の近道になる。

  1. 英単語の意味を覚える
  2. 英単語の意味を頭の中で再生する

というステップをひたすら繰り返すことで、英単語を見た時に日本語訳を頭の中で再生する反射神経を鍛えるだけの単純作業だ。

誰でもすぐに英単語が暗記できるわけではない。

今まで多くの生徒をみてきたが、一人違わず英単語の暗記だけは受験本番まで地道に同じことを繰り返すことで成果をあげている。地頭も関係ない。

英単語の勉強は、誰であっても時間がかかる地道な作業だと割り切って、逃げずにコツコツと取り組もう

3. 英単語の覚え方

効率的な英単語暗記方法の具体的な例を2つご紹介する。

ここでご紹介する方法は私を含め、多くの受験生が実践し、難関大学に合格した実績のある暗記方法だ。

もし、今おこなっている方法で暗記が思うように進んでいないのであれば、ぜひ試してみて欲しい。

3−1」でご紹介する方法は、実際に私が受験生の時に実践し、慶応義塾大学を含む難関大学に短期間で合格した方法である。個人的には一番効率が良いので、こちらを実践していただきたい。

ただ、「3−2」でご紹介する方法の方が覚えやすいという生徒も多く、どちらの方法を採っても地道に実践した者は皆難関大学に合格できているので、自分に合う方法を採用していただければ幸いだ。

ただ、前述したように、結局のところ英単語の暗記作業は何度も繰り返すことが重要だ。

したがって、ここでご紹介する方法は驚異的なスピードで英単語を覚えられるとか、実践した翌日朝起きたら自然と英単語が頭の中に入っていたというようなミラクルを起こす方法ではない。

あくまでも、受験合格に必要な英単語を「1. 暗記の定義」で定義したような状態にするための作業効率をあげる方法である。

繰り返しや、暗記作業の効率をあげるという点では非常に優秀で実績のある手法なので、安心して欲しい。

3−1. 英単語帳を何度も読む暗記法

ふざけているわけではない。非常に単純だが、巷で出回っている多くの暗記法の中でも、やはりこれが一番効率が良い。

なぜなら「2. 英単語を暗記するのに一番効率が良いのは繰り返すこと」でお話しした通り、繰り返す回数が多ければ多いほど、英単語の暗記はうまくいくからだ。

何度も読むという方法は、ノートに単語を書いたり、英単語を読み上げる自分の声を録音して聴くといった方法と比べ、時間がかからないので、必然的に繰り返す回数が増える

しかしただ読むだけでは、それこそ時間がかかってしまい、既に暗記できている英単語も何度も読まなくてはいけないので、効率が悪い。

そこで、次の手順で暗記することをお勧めする。

3−1−1.手順

  1. 名刺サイズのカードを用意する。(硬めの紙でも良い)
  2. カードで日本語訳を隠し、英単語をみて頭の中で日本語訳を回答する。
  3. この時に、一瞬で日本語訳が出てこない英単語には鉛筆で丸をつける。
  4. 鉛筆で丸をつけた英単語のみ、ひたすら何度も2の作業を繰り返す。
  5. 4で回答できるようになった単語は消しゴムで丸を消す。
  6. 全ての丸が消えたら、2に戻る。
  7. 以降、繰り返し。

この方法は、

  • 暗記できていない単語が把握できる。
  • 暗記できていない単語を重点的に繰り返すことができる。

という点で、非常にお勧めだ。

基本は上記の流れでおこなってほしいが、1セットでおこなう単語の量や、細かい方法に関しては、自分の好みで応用してみてほしい。

とにかく、英単語をみて頭の中で日本語訳を再生するという作業を何度も何度も繰り返すことが重要だ。

これを続ければ、必ず英単語は暗記することができる。

3−2. フラッシュカードを用いた暗記方法

重要な点や要領については、「3−1」でご紹介した方法と同じだ。

この方法を実践する上で、何よりもお勧めしたい点は、「各単語の復習の優先順位が把握できる」というところだ。

準備するもの
●フラッシュカード
●カードを入れる箱×3

A箱、B箱、C箱(名称は何ても良い)といった具合で、区別できるようにしておこう。

3−2−1 . 手順

  1. 1日のノルマを決める
  2. ノルマの全ての単語のフラッシュカードを作る
  3. ノルマ分のフラッシュカードを、瞬間的に頭の中で解答できるようになるまで回す。
  4. 翌日、今日のノルマ分のカードを2〜3の手順で回すと同時に、昨日回したカードも3のように一周する。昨日のカードのうち、回答できたカードはA箱に入れ、回答できなかったカードはB箱に入れる。
  5. さらに翌日、2〜4の作業をした上で、B箱に入ったカードを回す。(この時点で回答できたカードはC箱に入れる
  6. 2〜5を繰り返す。

A箱に入ったカード・・・「自分にとって覚えやすい単語、もともと覚えている単語」
C箱に入ったカード・・・「覚えてなかったけど、覚えられた単語(忘れたとしても、少し復習すればまた覚えられる単語)」
B箱に入ったカード・・・「自分にとって覚えにくい単語

この場合、復習の重要度としては、「B箱>C箱>A箱」とわかるので、優先順位を設定することができ、復習の効率が上がる。

  • A箱=月に1回程度
  • C箱=週に1回程度
  • B箱=ノルマを決めて毎日実践

のペースで復習することをおすすめする。

まとめ

英単語を覚える方法に正解はなく、楽して一瞬で暗記できるような裏技もない。

だが、本日ご紹介した二つの方法は、英単語の暗記作業(何度も繰り返し、頭の中で再生すること)の効率をあげるという点で非常に有用だ。

もし、あなたが英単語の暗記でつまづいている、思うように進んでいないというのであれば、

  • 英単語帳を何度も読む暗記法
  • フラッシュカードを用いた暗記方法

という二つの方法を試してみることをお勧めする。

地道に続けることができれば、英語で合格点を取るに足る十分な単語力を身につけることができることを保証する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

NEOREC先進塾の無料支援

NEOREC先進塾では、全ての受験生を応援しています。

本塾の生徒でなくとも、勉強や大学受験についてのご相談を無料で受け付けています

その理由については『NEOREC先進塾について』で詳しくご説明しています。

 

大学受験についての悩みや疑問がある方は、ぜひ問い合わせフォームよりご連絡ください。

一問一答形式かつ、メールでの回答になりますが、お力になれるよう、全力でお手伝いさせていただきます。

 

悩みや疑問がある