未分類

2021年度入試 合格体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

随時更新中です!!(最新更新:2021年3月28日)

NEOREC先進塾の2021年度(2021年1月〜3月実施)入試の合格体験記です。

>2020年度合格体験記はこちら


Y.R.さん(現役)

慶應(文、環境情報)明治(文、政治経済)


私は東京の大学に行きたいと思い大学受験を志しましたが、田舎で周りに塾がなく、大学や受験勉強について教えてくれる人もなかなかいないという環境でした。そんなときにインスタ広告でネオリックを目にしたことがきっかけで無料面談に応募しました。最初は胡散臭くて怪しいなと思っていて半信半疑でしたが、無料面談の時に、「塾に通わなくても受かる。この一時間で大学に合格する方法を教えてあげる」と先生が言って、とても丁寧に熱心に勉強方法について教えてくれました(記憶はあやふやです。ニュアンス違っていたらすみません)。その時に、確かにこれなら合格できると思えたし、その上で、初対面でこんなに熱心に指導してくれて、やる気を引き出してくれる人がそばについてくれていたらものすごく心強いだろうなと思い、1週間ほど先生の教えてくれた方法で取り組んでみた後に入塾を決断しました。また、無料面談でも入塾を勧められることはなく、本当に私の受験のことを考えてくれるように感じたことも信用できました。

入塾後に私に合っていたと思うところは、LINEでいつでも連絡を取ることができ、受験や現状について相談できたところです。
先生はどんな時間でも親身に相談に乗ってくださり、成績が伸び悩んで挫けそうなときも自分のモチベーションを高めて励ましてくれました。また勉強のことだけでなく、学校のことや自分の将来のことなども真剣に考えて相談に乗ってくれました。1人で勉強しなければならない状況だった自分にとって1番の味方でいてくれたのでとても感謝しています。

そして個人的にこの塾に入っていちばん良かったと思うことは、家の中でパソコンを繋ぐだけでいいので、通塾の手間が省けてその分勉強に時間を割けることだと思っています。地方で通学に1時間かけていた私にとってそれが1番ありがたかったです。
誰にでもオススメできる塾であることには変わりありませんが、私と同じように地方在住で「近くに塾がない!」という人や、周りに早慶などの大学を目指すような友達がいなかったり環境がないという人には特にオススメできる塾だと思います。ホームページに書いている通り、本当に受験での環境の格差を埋めてくれる塾だと思います。

感謝の気持ちがいっぱいでもっと良いところを書いて先生に恩返ししたいですが、自分の気持ちを書けということなので、最後に。ありがとうございました。この一年で教科書の内容以上に、人生で大切にしなければいけないことをたくさん学べた気がします。大学に入ってもよろしくお願いします。先生もお体に気をつけて頑張ってください。


N.Y.くん(既卒)

早稲田(法、社会科学)/ 同志社(商)/ 関西(経済)


自分は現役時代にどこの大学にも受からなくて、浪人して受験することにしました。しかし経済的にそこまで余裕がなく、家も予備校から遠いので自宅で浪人しようかと当初は考えていました。そんな時にネオリック先進塾の広告を見て、オンラインなので家で教えてもらえるということと、値段が安かったので両親と相談してこの塾に入りました。

週1回の面談でその一週間で取り組む内容の説明や、勉強の進捗を確認してくれて、それを元に週ごとに細かくスケジュールを立ててくれます。先生がスケジュールを立ててくれるので、自分はその内容を一生懸命こなすということだけに集中できました。現役時代にスケジュールを立てるだけで満足して肝心の勉強に手がつかなかった自分にとって、この点はすごくありがたいことでした。
面談が週1回と聞くと放任主義のように思えますが、毎日の終わりに日報を先生に送信して、その日の進捗を報告しなければなりませんでした。毎日数分の作業ですが、毎日続けるというのは意外と根気が要ります。不真面目な性格で、見られていないところでサボってしまいがちな自分が毎日勉強をコツコツ続けるにあたって欠かせない原動力でもありました。日報の内容がいつもと違う時にはすぐに、どうしたの?と聞いてくれるし、悩みや状態に合わせて面談の内容も変えてくれて、精神面で本当に助けられました。また、スケジュール通りにこなせない場合でもすぐに対応してくれて、常にゴールまでたどり着ける状態を維持してくれたので、モチベーションを下げることなく、目の前の勉強に取り組むことができました。ありがとうございました。

今となっては、先生のおっしゃっていた「基本知識を完璧に覚えてれば受かる」「自分のしたことを受験本番でどれだけ覚えているかが勝負」「だから塾なんかいらない教科書だけあれば本来は大丈夫」という言葉の意味が分かるし、本当にその通りだと思います。しかし、決して甘くはありませんでした。サボり癖のある自分には週1回の頻度でくるオンライン面談、毎日の日報提出など、先生が自分を管理してくれてその都度尻を叩いてくれる状況でなければ、ゴールに到達出来なかったように思います。これから大学を目指す皆さんも、辛い道のりになるかと思いますが、挫けず頑張ってください。


S.M.さん(既卒)

明治(商)


私は現役の時、志望大学に合格する事が叶わず仮面浪人をすることを決心しました。塾に通わずに自力で勉強することを考えたのですが、現役の時の失敗から、自分でスケジュールを立てられないことが分かったので、そういった自分の弱点をカバーしてくれる塾を探し、ネオリック先進塾に入塾しました。入塾して感じたことは、先生の受験に対する熱意が凄く、何が何でも合格しよう!と面談のたびに思うようになり、私の中でモチベーションの一つとなっていました。

正直、仮面浪人は想像してる以上に大変でした。前期は大学の授業に全て出席していましたが、後期は10月くらいから受験勉強との両立が厳しくなり、11月からは授業に出ず、受験勉強にシフトしていきました。今思えば、もう少し早く休学した方が良かったのかもしれません。受験の結果は、第一志望校であった早稲田には届きませんでしたが、第ニ志望校の明治に合格することができました。

私が入塾して良かったと思うことは、自分自身を見つめ直せたことです。先生に「なんでこの大学に行きたいの?」って聞かれた時、明確な理由がなく、考えておくように言われました。現役の時は、大学に受かることがゴールでしたが、この一年を通して、大学在学中・卒業後に何をしたいのかが明白になり、むしろ大学に入学することがスタートだと思うようになりました。受験のことだけでなく、将来のことに対する意識も変えてくださった先生には言葉で表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。1年間、本当にありがとうございました。
これから入塾する皆さんに伝えたいことは、自分が思っていることを先生に全部伝えた方がいいということです。本当に優しくて、生徒想いの先生なので、親身になって相談にのってくれると思います。合格を勝ち取ってください。応援しています。


M.I.くん(既卒)

立命館(法)/ 関西(文)


もともと自分は、英語学習に苦手意識を持っていて、現役時代はセンター試験で半分も取れればいい方、ひどいときには三割を切る、というレベルで英語が出来ませんでした。そういう、基礎からしてまったくなっていない状態からの浪人生活のスタートだったので、大手予備校の講義はまるで理解できず、参考書を読もうにも問題文どころか解説に使われている用語すらさっぱり、といった学習状況。そんな現実を前にやる気なんて出るわけも無く、ネオリックにお世話になる直前の時期には、一日の勉強時間の平均は三十分を切っていました。

ネオリックに入塾して、中学レベルの基礎英語から応用まで、分かるようになるまで何度も繰り返して勉強しました。分からない部分だけを抜き出し、分かるようになるまで徹底的に反復するという暗記特化のネオリック式の学習法は、ある意味では『頭を使わない』方法と言えるでしょう。だからこそ英語の才能の無い自分のような人間でも英語の点数を飛躍的に上げることができ、無事に志望していた大学に合格することができました。

自分はあまり真面目な生徒とは言えず、事前の計画通りに暗記を進められなかったり、やらなければいけない課題が出来ていなかったりと、先生にはたびたび苦労をお掛けしていました。しかし先生は嫌な顔ひとつせず、根気強く、かつ臨機応変に対応していただき、とても感謝しています。一年間本当にありがとうございました

これを読んでいる方が、現役生か、浪人生か、受験生の保護者の方か分からないですが、『大学受験』という、一人の人間の一生を決めるイベントに関わっている以上、大なり小なり不安を感じている事かと思います。少なくとも自分はそうでした。自分は学校教師や塾講師のように、数多くの受験生を見てきたわけではないので、『頑張れば絶対に受かります!』と断言することはしませんが、少なくとも僕が見てきた人間の内で、きちんと努力して勉強を積み重ね、それでもMarchや関関同立に落ちた、という人は見たことがありません。
ネオリックは難関私立に合格するための塾ですから、カリキュラムこなすには、やはり努力が必要です。けれどもその努力の先には、きっと明るい未来が待っている、と自分は思います。


H.D.くん(現役)

立教(経済)/ 法政(文、キャリアデザイン)


ネオリック先進塾では、週1回の面談でその都度するべきことを提示してくれます。ただ「これを覚えましょう」と言うだけでなく、どのようにすると覚えやすいのかを話し合って教えてくれます。また分からない問題も楽しく丁寧に教えてくれます。
自分は暗記が苦手と思っていましたがそれはただの思い込みで、やり方を変えるだけで覚えたい内容がしっかり頭に入るということも実感できました。

もちろん辛いこともたくさんありましたが、それを乗り越えられたのも、先生がいたからだと思います。今となっては、一年間二人三脚で頑張ってきて本当に良かったと思っています。

本当にありがとうございました!!!大学生活も頑張りたいと思います。


A.K.くん(現役)

慶應(経済)/ 早稲田(商・文)/ 立教(社会)/ 青山学院(経済)


高校2年の終わりに早稲田・慶應に行きたいと考えていましたが、部活動が忙しく、高校生活と両立できるような塾を探していました。そんな時、ホームページを見てネオリック先進塾に出会いました。

この塾に入って良かったと思う点は、1つは自分に合った進度でかつ、本番まで十分にやり切れるような勉強のスケジュールを立ててくれたところです。週一回の面談でどこまで勉強が進んでいるかを見てくださり、その都度自分がその時すべきことを調整してくれました。またラインでいつでも気軽に相談できることも、「第三者が学習内容や自分の気持ちを常に把握してくれている」という安心感につながり、目の前のことに安心して取り組むことができました。自分が部活で忙しいながらも一年間で受験に間に合うようにスケジュールを調整してくれたし、空いた時間の使い方も指導してくれました。

もう1つは、ネオリック先進塾では入塾前の無料面談で、志望校に合格するためには「これとこれとこれを完璧に暗記すれば合格点に達しますよ」というようなことをものすごくざっくりと説明してくれたのを鮮明に覚えています。その説明を聞いて「早稲田や慶應に行きたいと決意したものの、自分には難しすぎて無理なのではないか」と言う不安が和らぎ、合格というゴールまでの道のりが見えるようになりました。入塾後にも常に自分の立ち位置、合格点を取るためにはあと何をするべきなのかをしつこいくらいに説明していただけたので、不安になることが一度もありませんでした。そういう意味で常にモチベーションを保つことができました。

たしかに受験は「基本をしっかりと覚えれば合格できる」簡単に聞こえますが、その「覚える」をどれだけ完璧にできるか、というのが合否を分けるということをこの受験で実感しました。これから受験をする皆さんにはぜひそのことを意識して頑張ってもらいたいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

志望校に”確実に”合格したいなら

順調に受験勉強は進んでいますか?合格までの計画をしっかり建てていますか?

もし、あなたが受験本番までに「やらなくてはならない事」が明確ではなく、やみくもに勉強している状態なら、ぜひNEOREC先進塾にご相談下さい。

✔︎ 各生徒に合わせた学習計画の作成

✔︎ 計画通りに進められなかった場合のスケジュール調整

✔︎ 専属講師による徹底した学習管理とアドバイス

により、受験合格のために必要なことを効率的に正しい方法でやりきる環境を提供し、

あなたを"確実"に合格に導きます。

 

努力を無駄にしたくない。やれば確実に合格できるのであれば、自分は頑張れる。

という方は、ぜひお問い合わせください。

まずは無料面談から始めましょう。

 

詳細はこちら